www.conduitinternet.com

ナビゲーション: トップ > 医薬品に近いサプリメント

医薬品に近いサプリメント

日本ではサプリメントは食品に分類されているというのはご理解頂けましたか?
ただ、ちょっとだけ例外というか、もっと突っ込んだお話をしてみます。

日本のサプリメントは、実際には医薬類似食品が多いのが現状です。
更に言ってしまうと、限りなく医薬品に近いものも存在します。

医薬品の場合は厳しい審査をクリアして国から認められなければいけません。
健康食品扱いをされるサプリメントは食品扱いですので、正直厳しい審査がないんです。
その代わり、前回でも言ったように、効果・効能を表記することを禁止されています。

これは実は落とし穴…だったりします。
サプリメントの販売側からすると、医薬品に比べて規制が緩く、製造や販売を誰でも簡単に行うことができるというメリットがあります。
食品として危険でなければ、品質がどうであれサプリメントとして売ることができるということなんですね。恐くありませんか??

実際にどのようなサプリメント選べば間違いがないのか。
OKラインはどこで、NGラインはどこまでなのか。
基礎知識はここら辺にして、皆さんが知りたい情報をこれから書いていこうと思います。